地域で慢性痛患者さんが快適に過ごせるために

はじめに


 我が国では慢性的な痛みに悩まされている患者が多くいます。
しかしながら慢性的な痛みに対する満足した医療が提供できているとは言い難いのが現状です。
これから地域で慢性疼痛患者さんが快適に過ごせるようにするためには、

①痛みを理解してくれる医療機関・医療従事者が増える

②痛みを患者自身でコントロールできる力を持つ
(セルフケアやセルフマネージメントを自身で行える力)

③未来の子供たちが、痛みで苦しまないようにする(教育)

④情報の交換(情報交流)

が大切だと考えます。

そのため、我々は上記の4つの実現のために、各種の研究補助金(厚生労働省科学研究費、東洋研修試験財団研究費・南丹市補助金など)を頂き、様々な活動を行っています。そこで、これまでの活動をまとめると共に、作成した資料を医療関係者の方々や一般の方々にもご活用いただきたいと考えています。

明治国際医療大学 伊藤和憲



<問い合わせ>

何かありましたら、お手数ですが下記のメールにお問い合わせください。

メールアドレス: homeselfcare@gmail.com 


HP運営
NPO法人地域統合医療ネットワーク
所在地:鹿児島県日置市東市来町湯田3633-15
担 当:浅井紗世